メイクブラシは何本必要か?どんな種類をどんな風に使う?

※この記事は、誰かにメイクをしてあげるというようなハナシではありません。自分で使うブラシのハナシです。

 

アイシャドウやチーク、ファンデには、あらかじめチップやブラシ、スポンジなどが付いていますが、これはあくまで簡易的なものらしいです。

外出先などで使うためのものみたいですね。

私は、最初に”イプサ”で購入したのをきっかけに、メイクはブラシを使うようになりました。

ブラシを使い始めて25年以上経っている私が使っているブラシを(勝手に)紹介しちゃおうと思います。

メイクブラシとは?

メイクブラシは、メイクに使うブラシのことなんですが、種類は実に様々です。

天然の毛を使ったものと、人工毛のものがあります。

天然の方がいいような感じがしますが、お手入れに手間がかかったりもするので、一概にどちらが良いとは言えないんですね。

また、天然のものは、アレルギーがある方もいらっしゃるかもですね。

私の場合は、25年前に買ったときは天然が良いと思って買っていましたが、最近は、お手入れも簡単で肌あたりも優しい人工毛のものが多く、あまりこだわっていません。

値段も5,000円(モノによっては何万円も!)くらいのものもあれば、百均のものもあります。

私は、最初はせっせと洗っていましたが、実はあまり洗わない方がいいみたいなんですよね。

使ったあとはきちんとティッシュなどでふきとり、2ヶ月に1度ほど、無水エタノールなどで洗うのが良いらしいです。

中性洗剤を少し入れて洗うという方法もあります。

洗い終わったら、ティッシュなどで軽く水分を取ってから自然乾燥します。

メイクに必要なメイクブラシ・アレコレ

DSCN4287

まずはフェイスパウダー用のブラシ。

昔無印で売っていた天然毛のフェイスパウダー用のブラシです。

ネイルのダストを取る用に買ったのですが、あまりにもふわふわで気持ちよかったので、フェイスパウダー用にしてしまったもの。

もう10年以上使っているので、少しパサついていますが、今でもふわふわ。

粉含みも良いので、ほぼ毎日使っています。

DSCN4209

次はチーク用のブラシ。

これは、25年前に最初に買ったイプサの天然毛のチーク用のブラシです。

チーク用のはこの他2本持っていますが、丸みのあるこのタイプが広げやすくナチュラルに仕上がります。

DSCN4204

そして、アイシャドウ用のブラシ。

ロスのネイルのイベントに行った時に、会場で配っていたブラシなんですね。

まさかこんなに使えるブラシとは思わなかったです。

幅が人差し指くらいで、少し肉厚な感じがあり、ある程度コシがあるブラシです。

目の周りの大きさにちょうど良いので、薄い色も濃い色もこれ1本で塗ってしまいます。

ティッシュを置いておいて、いちいち拭き取れば、色が混ざることはないです。

DSCN4227

そして、ブラシではないんですが、アイシャドウに使うチップですね。

最近あまりチップは売っていませんね。

柄の短い、アイシャドウにセットするようなものが多いですが、すごく使いにくいので、長めのものを1本持っておくといいと思います。

これは、資生堂かカネボウのメイクツールで、7~800円くらいだったと思います。

DSCN4218

あると便利なのが、アイブロウ用のブラシです。

私にとって結構大事なのがこのブラシです。

これも、ロスのネイルのイベント会場でもらったもの!(タダ)

先程のブラシの3分の1くらいの大きさで、長さは半分くらい。

こちらも特徴としてはコシが強いです。

これは、眉にアイブローを乗せるときに使います。

まずはこれで、アイブローの薄い色を眉全体に入れていきます。

眉頭に色を入れるときにもこれが大活躍。

DSCN4233

アイブロウ用のブラシはこんなのもあります。

こちらは、ドラッグストアで500円くらいで売っている、完全人工毛のブラシ。

かなり硬いんですが、これはアイライナーの濃い色を含ませて、眉の骨格を作っていくのに便利。

DSCN4224

次も眉用。眉にはいろんなタイプのブラシを使っていることがわかりました。

スクリューブラシで、眉はアイブローをよくなじませます。

まゆのためには、3本のブラシを使っているということです。

マスカラのダマを取ったりするのにも使います。

これも資生堂かカネボウかそのあたりのメイクツールです。1,000円以下だと思います。

以前はもう1本用意して、別々で使っていましたが、今は綺麗に拭き取って、1本で済ませています。

このくらいのメイクブラシがあれば、ほとんどは大丈夫かなと思うのですが、あったら便利かな?っていうブラシをあと3本ご紹介します。

 

DSCN4298

これはたぶん化粧品のメーカーのプレゼントか何かだったと思います。

品質はそれほど良い感じではないのですが、ほかにあまりないブラシの大きさで、ハイライトなどを入れるときに使っています。

たぶん人工毛です。

メイク中に付いた、ゴミなどを払うときにも役立ってます。

DSCN4303

これは、ディオールのアイライナー用のブラシです。

こう見ると、幅のあるブラシですが、盾にすると細くなっています。

ジェルなどのアイライナーを引くブラシです。

平たく、短いブラシは、一般のジェルアイライナーに付いているブラシよりもずっと綺麗にラインが引けます。

たしか3,500円くらいでした。

DSCN4306

最後はこれ。

たしかダイソーで3本セットになっていたブラシ。

3本ともナカナカ使えるブラシで、同じような大きさで、少しずつ大小のものが3本入っています。

私はこれを使って、ノーズシャドウを入れたりします。

適度なコシがあり、肌あたりも柔らかく気に入っています。

ダイソーのメイクブラシは、最近とても有名ですが、私もたくさん買いましたが、なかなかの品質。

とりあえず使ってみたいという方にはおすすめです。

 

まとめ

このほかにもブラシは持っていますが、だいたいここであげたブラシしか使いません。

まとめてみて思ったのですが、適度なコシがある方が使いやすいということに気づきました!

BAさんに勧められるままに、いろいろ買ってみましたが、使い心地やサイズのぴったりなものを、何ヶ所にも使う方が良いです。

ブラシは濃い色を取っても、ティッシュで拭けば色は落ちるので、同じものを何本も買う必要は全くないです♪

ネイリストをやっていてもそうですが、道具が揃っていてこその技術というところもありました。

メイクの「こんなところがうまくいかない」というところがあれば、化粧品だけではなく、ツールにも目を向けてみてはいかがでしょうか~?

[st-kaiwa1]自分に合ったメイクブラシ選べそうですか?[/st-kaiwa1]

 

関連記事

コメント

    • ひみよ
    • 2019年 2月 07日

    ?ネイリスト1級では 人様にメイクは出来ませんよ。出来るのは国家視覚である美容師免許を持っている者のみ です。立ち位置も何も・・・。

      • enishi
      • 2019年 5月 29日

      人様にメイクをするというような誤解を与える書き方であったなら、申し訳ございませんでした。自分でメイクするうえでと追記させていただきました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る