フレッシェル CCクリーム

DSCN2182

今更感がありますが、CCクリームを試してみました。

CCクリームの定義は、メーカーによってそれぞれだそうです。

COLOR CONTROLとか、COMPLETE CORRECTIONといった意味です。

COMPLETE CORRECTIONは、補正という意味です。

 

CCクリームの位置づけって、買ってみてわかったのですが、下地なんですね。

肌色をコントロールして、素肌をキレイに見せてくれるものです。

BBクリームがオールインワンファンデ、しっかりと肌をカバーしてくれるのに対して、CCクリームは素肌のトーンアップが目的。

薄化粧派の方や、休日に肌を休ませたい時に使うものです。

昔、こういうのありましたよ。

ティント乳液と呼ばれていたんですが、顔のくすみなどを取ってくれて、肌のトーンをアップするというもの。

いや、今もあると思いますが、20代の後半くらいから30代はこういうのを使ってました。

ですが、当時はこういった商品が少なかったです。

今更かよって感じです。

DSCN2193

フレッシェルのCCクリームの場合は、化粧水の後、これだけで下地は完了です。

これの良いところは、クレンジングが要らないところ。

コレと24hのパウダーで仕上げるといい感じ。

 

 

★カネボウ フレッシェル CCクリーム

<保湿クリーム・化粧下地>

SPF32・PA++

美容液+乳液+クリーム+日焼け止め+くすみ肌補正(化粧水のあと、これ1本でOK)

肌の色のくすみなどを明るく・スキンケア&UVケア・クレンジング不要・無香料

こんな時に便利!

  • 肌を休ませたいとき
  • 素肌でいたいけど、感想や紫外線が気になるとき
  • すっぴん風メイクをしたいとき
  • クレンジングをしたくない

ナイアシン(保湿・角質保護)・Wコラーゲン・ヒアルロン酸・アプリコットエキス、キウイエキス(角質柔軟)配合

50g 1,600円

 

———– 8.24 補足 ———–

このクリーム、かなり気に入ったようで、毎日使ってます。

イイと思うものは自然と使ってる。

ただ、かなりしっとり系で、オイリーな私は時間が経つとベタついてきちゃいます。

いつもは落ちないマスカラまで落ちてしまう始末。

そういえば、これって、化粧水のあと1本で良かったんだよね。

いつもはきっちりスキンケアしていたので、化粧水と美容液の後これを使ってみました。

そうやってみると、これは下地じゃなくって、クリームのカテゴリなのかも。

このクリームを気に入ってしまったワケは、メイクオフした後の肌がプルンとしているから。

肌を休ませたいときに・・・なんて書いてあったけど、本当にそうなのかも。

全然期待してなかったけど、最近稀に見るヒットコスメかもしんない♪

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る