パンドラ ブレスレットの付け方~クラスプ(留め具)の開け方

dscn6708

先日ソウルに行ったとき、自分では何も欲しいものがなく、お土産ばかり買っていたら、友達に何か買いなよと言われた

物欲の強い私としては、常にどんな時でも欲しいものがあったはずなのに、最近はあまり欲しいものが無くなってきた感じがする。

今回の旅行でも、別に自分のものはいいかなぁと思っていたんだけど、友達には想い出になるからとすすめられました。

たまたま免税店で見ていたパンドラのブレスは、全く欲しいものではなかったんだけど。

なんていうか、お守り的なものって結構好きで、パワーストーンとか、ただの飾りじゃなくて意味がちょっとあれば嬉しい。

パンドラは、ベースのブレスレットにチャームをつけて、自分だけのデザインを作ることが出来るブレスレット。

チャームを増やしていくこともできるから、今後旅先などで追加していっても面白いかなって思いました。

 

ただ、免税店で購入し、空港で渡され、自宅に持って帰っていざつけてみようと思ったら、金具の外し方がわからない

ネットで調べてもなかなか見つけられなかったので、そんな方のために、留め具の開け方をご紹介。

dscn6776

クラスプの貝のように閉じた部分を爪などで押します。

dscn6714

そうすると、勢いよくパカッ!と!!

いつも、外す時は、ブレスレットが飛んでいきます

チェーンの両側がこのクラスプの中に入っている状態で閉じてあります。

dscn6716

チェーンを外したときはこんな感じになってます。

クラスプにチェーンの先の首の部分を金具に入れて、パチンと閉じれば付けることができます。

dscn6700

このチャームは、私自身が選んだのではなく、お店に一つの組み合わせの例として並んでいたもの。

花が可愛らしかったのと、色の組み合わせ、それと考えるのが面倒(よくわからなかった)ので、これでお願いしま~すって

クラスプがラインストーンになっているベースのチェーンもあって、悩んだのですが、パンドラってわかりやすいほうがいいかなってw

パンドラとロゴが入ったものにしました。(結局ショーケースにあったそのまま)

なんか、それほど欲しくなかったけど、キラキラして可愛くて、とても気に入りました。

買ってきて良かった♪

ただ、私の街にはパンドラのお店がないので、イベントの時か、ほんとにどこかに旅に行かないとチャームを増やすことはできなさそうです。

まぁ、それほど欲しくもないけどw

パンドラ PANDORA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る