ジェルネイルを半年した後の爪

IMG_2343

1月のジェルは、こんな感じの可愛いチェックと、雪のようなラメのグラデにしました。

可愛いですね♪

2月は、バレンタインということもあり、ピンク系のハートモチーフのネイルにしようと思っていたんですが・・・

 

なんか、突然取りたくなった!

 

ネイルサロンにはキャンセルの電話をして、自分でオフすることにしました。

 

ジェルには、アセトンなどで落とせるものもありますが、私の付けているものは、完全に削り取るもの。

理想は、ジェルを薄く残したままにしたかったのですが、爪から浮いている部分もあるため、そう簡単にはいかなそう。

剥がしたり、削ったりしていたら・・・

DSCN4048

こんなんなっちゃいました~

これは、伸びてくると、どうしてもジェルが残っている部分の爪の表面に負担がかかり、薄ーく爪の層が剥がれているような状態ですね。

ジェルが残っている部分もあり、表面はデッコボコです。

DSCN4040

表面にバッファを入れてもこんな感じ。

これにマニキュア塗っても無理。

さらに、度重なる削り+バッファなどで爪も薄くなっていて、このままじゃ生活できない。

DSCN4055

先端に残ったジェルの段差を取るつもりで、自爪をかなり削ってしまったようですw

私一応ネイリスト1級持ってるんですが

○で囲んである部分をよく見ると、赤くなってますよね。

これは爪が薄くなってる証拠です。

この部分が先端に来たときのことを考えるとコワイです。

 

ということで、お直しすることに。

表面に薄く、パウダーフィラーを盛ることにしました。

パウダーフィラーは、爪の補修等に使われるアクリルのパウダーで、グルーを使って固めます。

アセトン等に溶けるので、マニキュアをオフすると少しずつ溶けてしまいます。

そのため、度々のお直しが必要ですが、あまり手間も負担もないので、ibdのパウダーフィラーは切らしたことがありません。

ちなみに、グルーもibdのを使っており、これらは20年近く愛用してます。

DSCN4063

表面にコートしたので、なめらかになりました。

DSCN4066

こんな感じですね。

これで、なんとかマニキュアを塗ったり、生活できそうです。

 

自爪のケアもきちんと考えてくれるネイルサロンなら良いのですが、

たいていは、ジェルを付けて、取って、付けて・・・の繰り返し。

付いている間は、かなりな負担がかかっています。

たまには休ませてあげましょう・・・

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る