ネイル ビューティ

爪が黄色くならないマニキュア【マニキュアをすると爪が黄色くなるのをなんとかしたい!】

最近は、ジェルネイルを付けなくなって、マニキュアしています。

ジェルを取ってから、取り方が悪かったのか、爪がボロボロになりました。

なんというか、いつものことで、取り方が雑過ぎなんですよね

アセトンでちゃんと溶かさないで、ある程度溶けたら、べりッとむしってしまうので、爪の層が持ってかれてしまいます。

いつもそんな感じで、自分で取った後は傷んでしまいます。

結果、爪が薄くなってしまうもので、何度も欠けたり割れたりしてしまうんです。

今やっと健康な状態に戻りましたが、3~4ヶ月かかったかなぁ。

いろんな色を楽しみたい・・・んだけど、気になることが一つ。

マニキュアを塗ると、必ず爪が黄色くなるでしょう。

それが嫌なんですよね。

爪が黄色くなる原因は諸説あるようですが、やっぱり私は色素沈着じゃないかなと思っています。

ベースコートとトップコートだけだと、両方透明なので、黄色くならないですもんね。

真っ赤とか、昔は色が濃いと沈着して黄色くなるんだと思っていましたが、それがそうでもないみたいです。

薄いピンクでも、ものすごく黄色くなるものもあります。

 

黄色くなってしまった爪の黄色を取る方法はただ一つ

変色してしまった爪の黄ばみを少しでも取る唯一の方法は、”削る”ことです。(と私は思ってます)

爪の表面を、”磨く”というお手入れがあります。(バフィング)

これをすることで、黄ばみは少し薄くなります。

爪を磨くには、とても細かい専用のヤスリを使って、表面をなめらかにするんです。

ただ、完全に黄ばみが取れるというよりは、少しはマシになる感じですし

いくら細かいとはいえ、削っていることに変わりはないので、爪はそれだけ薄くなってしまいます。

もともと爪が薄いという方は、やりすぎには注意してください~

 

爪が黄色くならないマニキュアもある

塗っても全く爪が黄色く変色しないマニキュアもあります。

私が確認できているのは、OPIのものです。

OPIのマニキュアは、10年以上前は、サラッとした液でした。

爪の上に乗せると、フワッと広がってモタつかないので、試験の時などは塗りやすくてお気に入りでした。

試験の時に、OPIの赤を使っているのは、周りを見ても私だけだったかな。

試験の時は道具も自分の一部みたいになっているので、これだけは譲れない、そんなマニキュアでした。

ですが、この時は、色素沈着はあったと思います。

それから10年以上経って、久々にOPIのマニキュアを買ってみたら、液がモッタリしていました。

変わってしまったんだなぁと思って、ガッカリしました。

でも、一度塗りでちゃんと発色するようになったので、「そういうことか」と思っていました。

何回か使ってから、OPIのマニキュアを塗っても、爪が全く変色しないことに気づきました。

これには驚愕しました。

しかも、見ていただくと、薄い色だけじゃなくって濃い色もあるので、これは何らかの操作がされていることは確かです。

爪が変色しないように開発しているんでしょうね。

それ以来、ほかのマニキュアを塗るとしても、まずは薄くOPIを塗ってから重ねるようにしています。

OPIのマニキュアはこちら>>

-ネイル, ビューティ

© 2021 美貌記録 Powered by AFFINGER5