ヘルス

イボを自分で治す(皮膚科に行かずにイボを自分で治した方法)

去年の4月の末くらいから、指の3か所にイボができました。

これが6月くらいの写真です。左手の人差し指と薬指と親指にありました。

 

最初に気づいたのが、1枚目の人差し指に出来たイボでした。

その時は、何だかよくわからず、じきに治るだろうと思っていました。

その後、他の2か所にもあることに気づき、すぐに治りそうもない予感がしました。

その時やっと「もしかしてイボかも・・・」と、気づいたんです。

 

イボは、どうやらウィルスの仕業らしく、2020年あたりから、某ウィルスが流行していたため(現在も流行中)、少しビビりました。

イボになったということは、免疫力が落ちているの?!と思ったからです。

 

「なぜなったんだろう?」と、無駄なことを考えました。

どうやら、イボの潜伏期間は1か月から半年くらいになるらしいので、もしかしたらその前の年かもしれない・・・

もしかしたら、4月の後半に気づいたけど、その前から何か予兆があったのかもしれない。

気づかなかっただけで、少し盛り上がったりしていたのかも。。。

そんなことを考えてもしょうがないケド。

 

親指はド真ん中にあったので、何かを持つと当たって軽く痛かったりとか、違和感もありました。

やっぱり見た目も良くないからすぐに治したかったんです。

最初はヨクイニンとかも飲んでみたんですが、そんなの全く効果ありません


(私が飲んだのは”クラシエ”ですが、一説によると”コタロー”が効くとか【噂】)

少し良くなった気もしたりすることもあるけど、良くなった気がしたり、またひどくなったり。

イボは、良くなったり悪くなったり日々しているような気がしてました。

これが8月くらいで、一番ひどかった時の写真なのですが、ボケボケでよくわかりません。(スイマセン)

でも、この時は、モコモコが大きくなって、見ているとちょっと涙も出てくるくらいでした。

 

でも、私は皮膚科には行きたくないということがありまして。

皮膚科に行っても、あんまり問題が解決しないということが何度もあったからです。

イボは、液体窒素を使い、焼く(焼く?逆?)治療があるらしいから、これならすぐに治りそう。

イボは根が深く、友達によると、こんな感じになっているそう。

(素人が書いた絵なので信用しないように)

 

親玉は真皮くらいにいるそうなので、レーザーで焼いたりしたらかなり痛いらしい。

でも、私は痛みに鈍感なので、他人が言う痛さはあんまり信用しない。(なら行け)

とにかく、皮膚科には行くつもりは無くて、それでイボなんか治せるわけないと思うでしょう。

でも、自分で治せたのです。

これから、その方法をお教えいたしますネ。

 

自分でイボを治した方法(決してマネしないでね)

紹介しておきながら「マネしないでね」もナイんですが、ハッキリ言っておきますが、素人が勝手にやってることなので、危険がともないます。

コレで治る!とは思わないようにしてくださいね。

 

ネットでいろいろ調べていたら、どうやらイボには、”尿素”が効果があるらしいということがわかりました。

なんか、論文みたいなのを見つけたんです。

尿素なら、配合されているハンドクリームみたいなものがたくさん売ってるから、これを付けてみようと思いました。

購入したのは、

ケラチナミンです。

 

ケラチナミンは薬ではないので、むしろ手に付けたいものだから、素人でも安心して使えます。(ココ大事)

これを、最初はイボに少しずつ付けていたんですが、手を洗ったりすると取れてしまいますよね。

そんなこともあって、絆創膏に厚めに付けて、イボに張り付ける感じにしました。

 

そうすると、剥がしたときにイボはふやけてブヨブヨになっています。

このブヨブヨをキューティクルニッパーを使って、少しずつ痛くならない程度に軽くカットしていきます。(ケガしないようにね)

そうして、またこの部分に絆創膏にケラチナミンを付けて、貼るんです。

そうやっていたら

9月くらいには、こんな感じ。

平らになってきたのと、カサカサしてきたことから、もう治りかけてるな・・・と実感しました。

原発の人差し指は、なかなか元どおりにはなりませんでしたが、この後1か月くらいで、見てもわからないくらいになっていました。

 

ケラチナミンを表面に付けていても、真皮まで浸透するのは難しいと思うんですが、ブヨブヨにさせて皮を少しカット、ここにケラチナミンを付けるのが良かったのかな~~~?

ちょうど、父の指にも同じようにイボがあったので、試させましたが、同じく完全に治りました

皮を少しカットするなど、危険な行為もあるため、オススメはしません。

皮膚科に行った方が良いと思います

でも、皮膚科が嫌い、という方は、試してみても良いかもですよ♪

 

”キューティクルニッパー”というのは、爪の甘皮やルーススキンを取るのに使う爪(ネイル)用のニッパーです。(爪切りではありません)

一般の方で持っている方も少ないと思うので、よく考えたら、あまり一般的な方法とは言えなかったかもです。

薬指や親指は、ケラチナミンを付けているうちに消えていたので、(たぶん親指が原発)軽い方や、初期の頃は、塗るだけで治るかもです。

また、ニッパーで皮を一部切ったりするので、見えない部分をやるのはちょっと無理だと思います。

例えば、頭とかですね。顔にできたりしても、切ったり絆創膏を貼ったりするのも難しそう。

手や足ならやりやすい方法ですが、決してオススメしているわけではありませんので、ご自分の責任の範囲でチャレンジお願いいたします(^▽^)

 

-ヘルス

© 2021 美貌記録 Powered by AFFINGER5