脂肪燃焼スープでダイエット中

抗癌剤治療中に10kg落ちた体重も、完全に元通り。

元通りになんてなるはずじゃなかったのに・・・

 

私の主治医が、会うたびに痩せろっていうのし(誰にでも言ってる)

コレステロールの値が高かったこともあり、本気でダイエットすることに。

 

ダイエットって、以前も書いたけど、イベント的なことではないんですよね。

10kg痩せたのに10kg太ったってことは、そういう食生活をしているということ。

他の人の家と比べたことがないのですが、レシピ本等を見ていると、あきらかに私の家で作っているおかずの量は多いです。

私の場合、食事は母まかせなので、それでダイエットしようということ自体間違い。

 

ところで、ホステスさんって、お酒をたくさん飲んだりしなきゃならないのに、どうやって体重を維持しているの?

と、思い、検索してみた。

そしたら、脂肪燃焼スープを飲んでいるという記事がとても多かったの。

私もお酒を飲む機会が多いので、参考になりそうと思ってこれにチャレンジしてみました。

 

脂肪燃焼スープのレシピ

  • 玉ねぎ
  • ニンジン
  • セロリ
  • ピーマン
  • トマト
  • キャベツ

これらの野菜を適当な大きさに切ります。

量は、7皿分で、玉ねぎ大3個、セロリ1本、キャベツ半分、トマト大3個、ニンジン1本、ピーマン1個、水2、3リットル。

出汁は5g、鰹節10g、鳥ガラスープの素小さじ1でとります。

野菜をだし汁で煮て、味付けは、天然塩少々。食べる直前に生姜1かけをすって入れ完成。

 

私の場合は、1回で2皿分位を作ります。

最初に塩とこしょうで野菜を油など使わず炒めます。

その時に、煮る鍋で出汁を取っておきます。

炒めた野菜を出汁に入れ、塩を加えて10分くらい煮ます。

その後、すりおろした生姜を入れます。

だし汁の中にただ野菜を入れて煮てもあまりおいしくないので、先に炒めてます。

こしょうを使う必要はないです。

ただ、塩を使うと野菜から水が出るので、炒めやすくなります。

基本的なやり方は、晩ご飯の前に、少なくてもスープをひと皿食べること。これだけです。

1週間で1kg痩せました。

 

スープを作ると、他の食事にも気をつかうようになります。

もちろん、玄米を食べるとか、揚げ物などは控えるとか、焼いた魚や肉はなるべく食べないとか、お酒は飲まないとか、お菓子は食べないとか、そういう制限もあるんですが、スープを飲んでいると、あまり食べたくありません。

お腹が空いたらスープを飲んでいいんです。

最初の5日くらいは、飲みにも行ったし、お昼ご飯は高カロリーなものも食べていました。

でも、そのうち、口さみしさとか、肉とかそういうものは食べたくなくなります。

1週間目くらいしたら、最初は味気なかったスープが美味しくなるんです。

日頃、どれだけ味の濃いものを食べていたのかと思いました。

 

目標は、最初、2、3kgだったのですが、今まで自力で痩せたことがないラインを越える、7.5kgに設定しました。

もし、7.5kg痩せたら、病気のとき以外は小学生以来なったことがない体重です。

期間は3ヶ月です。

 

脂肪燃焼スープは栄養が偏るとかいわれたりもしているようですが、

私が抗がん剤治療をしているときは、ろくに栄養のあるものを食べなくてもなんともなかったので大丈夫です。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る