コフレドールグランのファンデーション使ってみた。(カバーフィット パクトUVの口コミ)

DSCN1166

最近、アラフォーのタレントをイメキャラにし、50代向けのファンデーションを登場させてきたコフレドール。

何を狙っているのかさっぱりわからん。

なんとなくそういうブレみたいなのはいつも感じるカネボウ。

でも、カネボウの化粧品が好きなんだよね。

若い方は知らないと思いますが、昔、コフレドールの前身と言えるテスティモ( T’ESTIMO)というブランドがありました。

(現在もブランドはあり、いくつかの商品が残っているようですが。)

テスティモは、独自のコンセプトみたいなのを感じましたが。

SALAとかね。未だに女性に愛されるブランドです。

コフレドールは、資生堂がマキアージュを立ち上げ当たったから真似したみたいな感じでした。

若い女性がターゲットなんだなと思っていたら、いつの間にかアラフォー狙いにシフトチェンジ。

20代~40代まで幅広い層を狙ってきたの?

テスティモを使っていた20代が今40代になって、コフレドールを使うことに全く何の障壁も感じない女性が多いでしょうしね。

以前、コフレドールのファンデーションのサンプルをもらって使ってみたら、なんだか妙な肌になりました。

下地と合わせると、すごくきれい!

・・・なんだけど、なんか変。

能面をかぶっているような顔。

特に厚塗りというわけでもないんだけど・・・(・ω・`)

しばらくして、気づいたんだけど、

キレイにしているのは顔の表面だけなんだよね。

了解。分かりました。

素肌そのものはなんとなくハリもなくしぼんでいるのに、表面だけキレイだから、お面みたいなんです。

40代以上の肌は、ただ上に塗っただけじゃダメ。

同時に保湿してくれないと。

40代のファンデーションとかってよく言いますけど、それなりに理由があるわけです。

DSCN1750
オークル-C

それで、これこれ。コフレドールグラン。

50代のためのベースメイク。

「くすみやシミ、色ムラは気になるけれど、厚塗りにはしたくない。時間がたつとファンデーションのヨレが気になる。」

こんな肌をターゲットにしたファンデーションがコレです。

何もコフレドールから出すこともないような気もするけど、私みたいに感じた人は買うよね。

最初から、コフレドール使ってみたらどうなのかな♪と思っているわけだし。

コフレドール使うことになんの障壁もないわけだし。

ちなみに今回は、コフレドールグランの下地ではなく、例によってCCクリームの上に使ってみました。

口コミでも多く見かけましたが、けっこう薄付きです。

スルスルと伸びてしっかり付くところはコフレドールのファンデーションと遜色ないです。

塗ったあとの肌はサラサラ。

久々に大手ブランドのパウダーファンデーションを使ってみて、大満足。

 

ものすごくしっとり系ではないものの、保湿力は高めだと思います。

乾燥肌だとどうかな?という感じですが、普通にコフレドールだとなんとなく乾燥を感じるという方も満足と思います。

たぶん一番50代へフィットさせた点は、色なんじゃないかと思います。

やっぱり、どんな肌色の人でも、年齢とともにくすんでくるので、そういう色味に合わせてあると思います。

普通のファンデーションだと、色が合わなくなってくるんだと思うんです。

肌色が暗くなるというよりは、黄ぐすみしてくるという感じです。

私も、40歳前後は、ピンクオークル系だったのに、最近オークルでしっくりくるようになってきました。

50代の肌に合わせ、さらにそれをキレイに見せるような色味になっているはずです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る