ケビンの愛用香水(ジョーマローン ウッド セージ & シー ソルト コロン)

DSCN1633

ケビン(元U-KISSの)が愛用していると書いてあったジョーマローンのウッド セージ & シー ソルト コロン。

興味があったので、買ってみました。

同じものを付けたい!という感じじゃなくって、せっかく(?)だから買ってみようみたいな感じです。

そういうことでもないと、なかなか新しいものにチャレンジすることって少ないので、こういうのはタイミングだと思ってだいたい乗ってみる感じにしています。

とくに香水って好みがあるから、ダメなら絶対ダメ。試してみてもいないのでかなり冒険です(^-^

 

DSCN1593

届いてみたら、めっちゃ私好みの外箱。白黒じゃん。

DSCN1594

さすがにサイズは小さい方(30ml)にしたので小さめ。

DSCN1635

これは、男性用なのですね?って、男性が紹介していたんだからそうだよね。

日常から遠ざかる、風が吹きわたる海岸。白く砕ける波、海の塩をはらむ、さわやかな空気、水しぶき。切り立った崖のミネラルのいきいきした香り。混ざり合うのは、ウッディで大地を思わせるセージ。陽気で快活、すべてが喜びに満ちています。

トップノートはアンブレッテ シード、ハートノートはシーソルト、ベースノートはセージ。

アンブレットシードは、植物性のムスク。

ムスクはもともとはジャコウジカから取れる香りなんですが、今現在はこれは使われていなくて、合成香料が使われていますが、このアンブレットシードはムスクみたいな香りのする種なんでしょうね。

ハートノートはミドルノートとも言います。

シーソルトってどんな匂いなんだ?てか、中核になるような香りなわけ?

シーソルトって言うからには海系の香りのようですよね。ミネラルのいきいきした香りっていうのがシーソルトの香りなんでしょうか。

ベースのウッドセージは、乾燥したところ(海岸砂丘など)に生えているホップの香りに似た草みたいですね。

言われてみれば、リラックス感の高い香りかもしれませんね。

お仕事用というよりは、超プライベート用。

休日にリラックスした服を着て付けるようなイメージです。

初夏におすすめの香りとなっているので、コットンやリネンのシャツに合いそうな感じです。

最初に付けた時の、ベースの香り(ンブレッテ シードかな・・・)

ちょっと気になる感じの(嫌な感じの)香りだったので、これはないかな~?って思ったんですが、なんだかコレ、クセになる。

コロンなので、1時間くらいすると香りがなくなってしまうのですが、それもまた良い。

またつけたくなるので、これは消費が激しいかも。

よくある香水って感じのわざとらしい香りじゃなくて、でも、精油のような強い香りでもないけど単純じゃない。爽やかだけどほんのり甘くもある、どちらかというと女性っぽい感じもしなくもない。

ケビンは女性のような外見なので、合ってるっちゃ合ってるのかも。

すごくいい香り~

多分、香ってもあまり嫌がられない感じだと思う。

香水って、いい意味でしつこさがあるけど、そういうのが全くないので、なんか香った?くらいな感じだと思うし、自分の鼻に近い部分につければ、自分だけが楽しめると思う。

香水って体に付けないと、ちょっとキツさが出てしまうけど、このコロンなら、ハンカチなどに付けても大丈夫そうです。

これは初夏におすすめの香りなんだって。

ジョーマローンでは、コンバイニングといって、複数の香水を組み合わせることも提案していて、より自分らしい香りを作るということみたいですね。

ウッド セージ & シー ソルト コロンだと

より温かみのある香りにするには

  • ブラック シダーウッド & ジュニパー コロン
  • オリス & サンダルウッド コロン インテンス

よりフレッシュな香りにするには

  • ブラック シダーウッド & ジュニパー コロン
  • ライム バジル & マンダリン コロン

が良いらしい。

私はシトラス系が好きなので、ライム バジル & マンダリン コロンもいいかも♪なんて、楽しみも広がります。

というか、この適当に買ったコレもすごく好きなんだから、私好みの香りならもっと好きかも!と思うと絶対に欲しくなるなぁ。

また、ボディクリームなどとコンバインするのも良いので、どちらか1つはボディクリームやライム バジル & マンダリン コロンにはシャンプーなどもあるので、こういうのと組み合わせるというのも楽しいかもですねぇ。

気になる方はぜひチェックを。

ジョーマローン フレグランス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る