化粧品の原料

IMG_0871

化粧品と一言で言っても、化粧水のような液状だったり、クリーム状に乳化されていたり、フェイスパウダーのように粉だったりします。

化粧品は、水に溶ける成分と油に溶ける成分、乳化のために使われる海面活性剤、粉体などでできています。

そのほか、香料や着色剤、といったものや、機能を追加するための訴求成分などになっています。

また、品質を保持するための成分も含まれています。

  • 増粘剤
  • pH調整剤
  • キレート剤
  • 酸化防止剤
  • 防腐剤

などがそうです。

 

水溶性成分

保湿効果や肌を引き締める効果、成分を溶解する溶剤としての効果、防腐効果など数種類を組み合わせたり、油性成分と組み合わせることでより効果を高めます。

液状の水溶性成分

肌馴染みをよくしたり、感触を調整する。

肌を引き締める効果・溶剤→エタノール

保湿・防腐効果・溶剤→BG、ベンチレングリコール

保湿・溶剤→DPG

保湿・感触調整→グリセリン

粉状の水溶性成分

乳化を安定させたり、感触を調整、使いやすくする目的で使う。

保湿・感触調整→ベタイン、PCA-Na

保湿・吸湿→ヒアルロン酸Na

増粘→カルボマー、カラギーナン

 

油性成分

水分が外部へ蒸発するのを防いで、保湿のために化粧品に配合されます。

乳化させ、美容液やクリーム、乳液などといった形でしようされるのが一般的。柔軟効果もある。

液状の油性成分(オイル)

角質層の水分量を保ったり、汚れなどなじみをよくしたり、肌の滑りをよくしたりするもの。

合成成分→鳥エチル壁サイン、ジメチコン(シリコーンオイル)、エチルヘキサン酸セチル

鉱物→ミネラルオイル

天然→スクワラン、ホホバ油

半固形の油性成分(ペースト)

合成→ヒドロキシステアリン酸コレステリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フォトステリル/オクチルドデシル)

鉱物→ワセリン

天然→シア脂、カカオ脂、水添植物油

固形の油性成分(ワックス)

合成→ポリエチレン、合成ワックス

鉱物→パラフィン、マイクロクリスタリンワックス

天然→ミツロウ、キャンデリラロウ

 

界面活性剤

界面活性剤というのは、ひとつの分子内に、親油基と親水基の両方を持っている。

この性質を利用することで、乳化や可溶化、洗浄、浸透、分散といった働きがあります。

乳化は、油と水が細かい粒子になって分散していること。

この状態は、水の中に油が分散したO/W型と油の中に水が分散したW/O型とがあります。

界面活性剤にはイオン性と非イオン性があり、非イオン性はほとんど刺激はありません。

イオン性の中で刺激がやや強めなのがカチオン(陽イオン)型です。

水に溶けると親水基のものが陽イオンになるもので、柔軟や帯電防止、殺菌のために使われます。

主にトリートメントやコンディショナー、リンス、制汗剤などに使用。

名前の最後に「~クロリド」、「~アンモニウム」とつくものがそうです。

・ベンザルコニウムクロリド、ベヘントリモニウムクロリド、塩化アルキルトリメチルアンモニウムなど。

刺激が少し弱めなのが、アニオン(陰イオン)型で、水に溶けると親水基の部分が陰イオン(アニオン)になるものです。

洗浄や可溶化、乳化助剤としてシャンプーや洗顔料などに使われます。

名前の最後に「~石けん」、「硫酸ナトリウム」とつくものがそうです。

・高級脂肪酸石けん、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、N-アシルアミノ酸塩、アルキル硫酸エステル塩

刺激が弱いものとして、両性イオン(アンホ)型があり、水に溶けるとpHにより陽イオンや陰イオンになるものでうs。

これは、洗浄や乳化助剤として、ベビー用や、高級シャンプー、リンス、柔軟剤などに使われます。

名前の最後に「~ベタイン」と名前が付きます。

・コミカドプロピルベタイン、アルキルジメチルアミノ酢酸ベタインなど

非イオン(ノニオン)型は、刺激がほぼなく、水の解けたときいおんかしないものです。乳化や可溶化として化粧水や乳液、クリームなどの多くの化粧品に使われています。

名前の最後に「~グリセル」や「~水添ヒマシ油」とつくものです。

・ステアリン酸グリせる、PEG-60水添ヒマシ油など

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る