化粧品の歴史

IMG_0871

世界では古くから化粧品を使われていた。

紀元前(BC)2920年、古代エジプトで化粧品はタールや水銀で作られていた。

BC1930年、エジプトでは香料も流通していた。

BC1350年、ツタンカーメンの墓から、軟膏状の香粧品などを使っていた。

BC100年、クレオパトラはアイメイクをしていた。メイクは、魔除けのため黒く太いアイラインが行われていた。

マラカイトのアイシャドウは、日差しや虫、感染症から目を守るために施されていた。

古代ローマには、公衆浴場があり、風呂文化が発達していた。

体の汚れを落とすため、オイルを塗り、肌かき器(動物の骨・金属)が使われていた。

西暦745年、楊貴妃は爪をヘナで染めていたと言われている。

1688年、フランスのルイ14世は、マルセイユ石鹸の製造にオリーブオイル以外のオイルの使用を禁止、厳しい基準を設けた。

その品質の高さから、王家の石けんと呼ばれ、上流階級の間で流行。

16世紀〜17世紀ごろ、イタリヤやスペインを中心に香水が流行。

中世のヨーロッパでは、美女の条件は色白の肌。これをひきたたせるために、付けボクロをつけることが流行。

1859年、石油採掘器につけるワックスに軟膏の作用があるということがわかり、アメリカの科学者が、これを精製。

1870年には、ヴァセリンオリジナルスキンジェリーのお原型が発売された。

1870年、フランスのゲラン社が、ミツロウなどを固め、現在のリップスティックの原型を発売。

1905年、ドイツのチャーチル・ネッスラーがホウ酸と高熱によって、パーマ(ネッスルウェーブ)を発明。1920年にアメリカで流行。

1914年、マックスファクターから、チューブ入りの化粧下地グリースペイントやケーキタイプのファンデーションを発売。女優たちにも人気。

1920年、パウダーチークやフェイスパウダーを持ち運ぶため、コンパクトがヨーロッパの上流階級を中心に普及。日本では大正ん末期に登場する。

1932年、マックスファクターから、映画女優向けにリップポマード(グロス)が登場。

1944年、白人兵士のためのUVケア技術を使い、コパトーンから、日焼け対応の化粧品が発売される。(セルフタンニング)

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る