怒涛の2日間~U-KISSとのふれあい2日目

news_thumbnail_image_1043314

そして、翌日のライブ当日。

前日とは全然違ったU-KISSが見られると思っていた私。

ミニライブは、飛んだり跳ねたりもできないような仮設のステージなので、バラードを3曲歌って終わりました。

なので、本当に「カッコイイU-KISS」を生で見られるこの日を楽しみにしてたの。

いや~、ほんとにかっこよかったですよ。

いや、ホント。

ステージがはじまって、何曲くらい?7,8曲?ぶっ通しで、歌って踊って・・・みんなもう汗だくに。

外はマイナス7度ですよ。

それはすごいです。

そうか、あんな感じなんだね。

私は、あまりアイドルというものを見に行ったことがないので、あんな感じの勢いは見たことがなく、なんか、ものすごーくいい感じでハハ

なんとなく、動画などで見てわかっていたのですが、U-KISSはステージでメンバーがぺちゃくちゃとお話しする感じで、こういうのは、ひとりひとりの性格がよくわかって楽しいよね。

慣れない日本語で冗談を言うメンバー・・・凄すぎる。

私も、韓国語で冗談が言える日が来るんだろうか。

途中、ファンに一言言うというシーンで、涙ぐむケビン様・・・

その後の歌も歌えなくなって、ファンがみんなでカバー、というような一幕もありました。

これは、一度着替えて出てきた他のメンバーが言っていたんですが、「なんで初日なのにこんなに涙が出るの?」なんて言っていたらしいですよ。

可愛いですね。

そんなケビン様には、会場の多くの人がもらい泣きしたと思うんですが、その後、ジュン様も少し涙ぐんでいました。

私も、なんだか涙が止まらなくて、たぶんいろいろ苦労もあったんだろうな、なんて思うと、心から応援したくなりましたよね。

前日の少しクールなケビン様を見ていた私は、本当はこういう人で、でも、少し気持ちを抑えたりとかそういうこともしているんだなって思いました。

あーいったところでは、ある意味、最高のパフォーマンスを見せようとしている彼らも、いろんなことがいっぱいいっぱいで、隠したりするようなこともできなくなっているところもあるのかなと思いました。

まぁ、これは想像なんですけどね。

私は、ライブって、音とかそれほど品質が良くなかったりするので、CDとか聞いたほうがいいじゃん?なんて思うこともあったんですが、、ライブが最高なんて言われたりするのってこういうことなのねって少しわかった気がしました。

なんつて、どんなやつだよ。

私自身が、けっこう醒めた人なので、今更ながらこんな楽しみがあったのかって思ってます。

一番思うのは、日本人と違って、全部とは言いませんが、何か日本人とは違う部分をさらけ出している感じがするんですよね。

あ、韓国人の男性のことなんですけどね。

具体的に言うと、ファンのことをkissmeと呼んだり、愛してますと最後に付けたり、そういうこともそうなんですが、小っ恥ずかしいみたいなことをちゃんとやってくれるみたいなね。

そういうのって思っていても伝わない事の方が多いですよね。

ちゃんと言葉にしてくれる、だけじゃなくって、本人にあってもそんな感じがします。

私は、韓国人の男性のことをそんな感じだとずっと前からわかっていて、いつかハマるのかもしれないと思っていたのが、今だったっていうね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る