SPEC

2010”N10ŒŽ8“ú`

最近、SPECをHuluで見ていまして、今までちょっと面倒くさいと思って(再度)観ていなかったんですが・・・

遡れば18年くらい前、「ケイゾク」というドラマをやってまして、私は今でもそのケイゾクが大好きで、DVDも全部持っているのです。

SPECは、当初、続・ケイゾクっていう話しがありましたので、すごく楽しみにしていたドラマです。

現に、ケイゾクからケイゾクして出演しているキャストもあり、見始めはワクワクしていたものです。

ですが、ちょっと入り組んだ物語だったため、ほとんど観たものの、それほどどんな話なのか理解していなかったんです。

見返していて思ったんですが、

というか、~零~から見たら、話がよくわかって、たまたまだったんですが、運良く今回は入り込むことができました。

「SPEC」というドラマは、特殊能力を持った人と対決する刑事2人の話しで、主演は戸田恵梨香(当麻紗綾)と加瀬亮(瀬文焚流)。

cs3h6ftbhi5cbtw_ywmpa_4

それで、当時はそれほどこの2人にそれほど感じるものはなかったのですが。

当麻紗綾は、面白いキャラなんで、かわいいと思っていたんですけどね。

ケイゾクの2人のキャラクターがあまりにも良すぎて、なんだか当時は馴染めなかったんです。

ですが、今回見ていたら、すごく萌えポイントがあることに気づきました。

瀬文と当麻は、性格も違うので、いつも、ケンカというか、ぶつかってばかりなんですが、当麻が撃たれそうな時、瀬文が身を挺して守るシーンがあるんです。

瀬文はSITといって、特殊事件捜査係上がりのため、身についていることなのかもですが、このシーンがめちゃめちゃかっこいい。

女性って、女性の方が強いって分かっていても、何かの時には男性に守ってもらいたい。

これは、どんなに強い女性でももっている憧れです。

なんか、こういうことを入れ込んでくるっていうのがすごいなーって思うんですよね。

話しがオカルトなんで、そういう感じで話しは進んでいて、堤幸彦監督(演出?)のため、ヘンな笑いも含まれているドラマなんですけどね。

ケイゾクは少しのロマンスもあったような感じですが、SPECはそういうのがないんですけどね(観てないところもあるのであったら楽しみ)。

しかもこのドラマは、甲の回のときに、ずっと疎遠だった人から連絡が来たという思い出もありまして、私にとってはだいぶ印象的なドラマです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る