やっぱステロイドだ

最近、皮膚にしっしんなどができることが多くなってきました。

長らく患っているじんましん?(そう診断された)も、2ヶ月近く薬を飲んだのに、なんだかイマイチ。

今度は腕にも謎の小さなプツプツができて痒い。

これは、皮膚科でもらった薬やワセリン、オリブ油など試したけど全然だめ。とりあえずムヒのクリームタイプのも塗ったよ!

このプツプツは何なんだろうな。

友達には、今までが皮膚に何もトラブルがなさすぎ。そんなもんだよと言われた。

そ、そうなの??

確かに私は47歳くらいまで、皮膚病と言えるようなものには1回くらいしかなったことがない。

もっとみんなはなにかしらの皮膚のトラブルで悩んでいたのね

去年同じ時期に首に発生したじんましんは、7月に風邪をひき、病院でもらった薬を飲んだらすっかり治ってしまった。

これについては、たぶん抗生物質じゃない?と最近言われ、なるほどっと思っていました。

そして、今年のじんましんについては、皮膚科では抗生物質は出ていなかったのね

とりあえず痒いんだからさ、かゆみを抑えるものが欲しかったんだけどね。

そんで、今度の腕のプツプツなんですが、ウチの母は畑仕事をする人なので、家にムヒがかかせないんですね。

ムヒの説明書きを見ていたら、「むしさされ、かゆみ、じんましん、しっしん、あせも・・・」

コレじゃね??

って思って付けたら、すぐ治った~

なんで、皮膚科の薬が効かなくて、ムヒが効くんだよって不思議な気持ちにはなりましたが、ずーっとむずむずと痒かったのから解放されて、幸せ~!

自分もムヒを持っていたので、あまり痒くなくても塗り塗りしていたんですよね。

でも、よく見たらムヒじゃない。ウナコーワだ!

どう違うんだ!(メーカー違いだということはわかってるけど)

調べていたら、実はウナコーワやムヒにはステロイドが配合されているモノがあるらしい。

自分がもっていたムヒのクリームタイプのを使ってもあまり改善しなかったのは、同じムヒでもクリームの方はステロイドが入っていなくて、母がもっていた液体の方にはステロイドが入っているんだと!

そんで、私がもっていたウナコーワのプチウナにもステロイド成分が入っているらしい。

でも、ムヒのデキサメタゾン酢酸エステルもプチウナのジフェンヒドラミン塩酸塩もどちらも弱いステロイドだそう。

そりゃそうだよね、市販薬なんだからさ。

でも、その効果たるやテキメンですわ。

もうこうなったら、首のいつまでもモヤモヤしていたじんましんにもつけたったもんね!

すごい良くなったよ。

最初から欲しかったなステロイド入った薬・・・

あんなに苦しむこともなかったのにさ。

私ってさ、薬とか先生に言われたとおり飲まないで怒られるタイプ。

薬を塗ったり飲んだりするのが嫌いなので、ステロイドって合ってるっぽい。(そういう理由?)

今度かゆみがあったら、プチウナを塗って1回で終息させる!

 

補足~~

薬に詳しい?友達に見てもらったら、皮膚科の薬は全部結構強めのステロイドだった。

ムヒの方が効くってどういうこと?

ムヒはとりあえずかゆみを抑えるからなんだろうか?

皮膚がどんなかはよくわからないけど、患者として癒されたいのはやっぱり痒みや痛みだったりすると思う。

それを先に考えてくれる医者じゃないとダメだよね。

なんか、この間行った皮膚科の医者は心があるんだろうか?と思わせるくらいのサイボーグチックな先生だった。

じんましんは飲み薬じゃないと治らないと言われ、塗り薬もとりあえず出して欲しいと言ったら、塗り薬じゃ治らないから!と強く言われた。

呆れるよ。全く。そんな人のところ行っても治るわけないよね。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る