馬油で洗顔中~

DSCN7623

最近、洗顔は馬油でやってます。

なんか忘れたけど、急に馬油使おうかなって思って、何気に調べていたら、

http://beautist.cosme.net/article/131469

こんな記事をみつけたんです。

なんでも、70代の美魔女が馬油で洗顔しているとか。

へぇ~

そんなにいいなら、私もやってみよう。

と、やりだしたら、案外良かったので続けてます。

 

手前が、以前ここで紹介した、→こちら 北海道コスメのラベンダーの香りの馬油。

向かって右がソンバーユです。左がネオナチュラルの馬油。

いろいろ買ってみてわかったのですが、馬油もいろいろある・・・というか、ソンバーユが突出しているというか。

一般的な化粧用の馬油は、常温では固まった油ですが、体温くらいで溶けます。

今まで使ったことがある馬油は、だいたいが溶けても少し固めというか、クリーム状なんですが、ソンバーユは、体温で液体っぽくなります。

好みが分かれるところだと思いますが、今回、洗顔にはソンバーユが向いていると思いました。

ところが、ソンバーユが今品薄状態で、ドラッグストアを何件もはしごして手に入れました。

地域差もあると思いますが。

ネオナチュラルのは、クリームとして使うときにはいいと思います。

匂いもないですし、馬油の匂いが嫌いな方にはおすすめ。

ラベンダーの香りのものは、髪などに使っています。

かなり香りがキツイので、顔に付けると、ラベンダー好きの私でも、ラベンダークサ~・・・となります。

 

洗顔方法は、馬油を適当に手に取って、体温で溶かしてから顔の上に。

くるくるとマッサージして、適当なところで洗い流します。

洗い流す・・・といっても、べったべたで、スッキリするわけじゃありません。

でも、それも適当にやめて、タオルで水気を取り終わりです。

 

そのあとのお手入れですが、私はそのまま化粧水をパシャっと付けて終わりです。

メイクまでには少し時間を置きます。

馬油はすぐに浸透するので、さほど時間はかかりません。

夜は、水落ちクレンジングでメイク落としをしたあと、馬油で同じく洗顔します。

では、石けんなどで洗顔はいつするの?といえば、しません。

とくに、しなければならない感じはしませんので、今のところしてません。

たまに、吹き出物が出たときなどは、軽く石けんで洗顔します。

そのため、メイクは自ずと軽めになります。

 

馬油洗顔は、シミやシワが改善されるようですが、今のところ目立った効果はないですが、なんとなく調子はいいです。

毛穴が少しだけ改善された気がします。

 

最近思うのは、全然肌のことを考えずにお手入れしているということです。

ドロドロに泥遊びしたあとや、海で塩をかぶったときは、石けんで洗いたいです。

カサカサしてきたら、オリーブオイルを塗りたいです。

そんな風に基礎化粧もできたらいいなと思います。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る